星座占いと天文学の歴史は?占星術で運命が決まる訳とは?

当たる無料星座占いはココだ!占いランキング!相性占いもオススメ

生年月日等の簡単入力だけで本格無料占い!

占い

星座占いと天文学の歴史は?占星術で運命が決まる訳とは?

知らない人はいないといって良いほど「星座占い」は有名ですね。
占星術を使って、人の運命を占うのが基本的な方法です。

古代バビロニアで行われた天体観測が、その起源とされています。

占星術は、その人が生まれたときの惑星や太陽の位置によって、運命が決まるという観点からの方術です。
そのときに使うものが、天体の配置図、つまりホロスコープですね。

占星術師はホロスコープを解釈して占い、その人の生まれた瞬間の星の位置から運勢をみることができます。

なので、天文学的な知識が必要で、太陽や惑星の位置をしっかりと把握できる能力が必要です。

昔は、天文学者と占星術師の区別がつかないほど、それぞれがホロスコープに関して熟達していました。

今では、朝のテレビ番組などで、万人向けの「星占い」としてお馴染みの占いになっていますね。
誕生日で分けられた星座をみて、自分の運勢をみているわけです。

昔ほど複雑に捉えられることなく、今では占いの中でも、1番気楽に結果を見ていられるというほどです。
決して軽んじているわけではありませんが、心のどこかに「当たらないかも」という気持ちがあります。

誕生日占いや、生年月日占いと同じように、根拠がないのでは?と疑われがちなのです。

「同じ星座の人はたくさんいる」というのが根底にあって、みんなが同じ運勢なのかといえばそうではない・・・。
それならやっぱり「当たらない」と片付けられてしまうのですね。

でも、ここで大切なことは、当たる当たらないの問題ではなく、何が現実なのかを考えることです。

実際に今でも変わらず、天文学はあります。
時代とともに天文学が進化しているからこそ、宇宙に関しての情報がより詳しく分かっていくのです。

新しい惑星が見つかったとか、火星には人が住めないとか、色々なことを明らかにして、人々の心をときめかせているのは事実でしょう。

ですから、天文学が実在する限り、星座占いに意味や根拠がないとは言い切れません。

専門的な知識が必要な天文学は、素人では分からないことだらけです。
そんな分からない分野に、占いという不思議なパワーがあったとしても、おかしくないわけですよね。

空を見上げれば当たり前のように、太陽や月、星が見えます。
普通すぎて、そこに占いが絡んでいると感じないのかもしれません。

根拠があるとすれば、天文学が実在していること、それから毎日、月や星の位置が変わっていることです。
占いとは、人間の力が及ばないところにあるものです。

なので、星座占いには根拠があるといって良いと思います。
QLOOKアクセス解析